9月26日(日)


今日は終日東風の予報だったので風裏になるHGで頑張ってきました。
5時40分到着、いつもより多くの車が止まっています。お気に入りの釣座に入れるか心配し
ましたが、そこだけポツンと空いてました。ラッキーです。青物狙いは大盛況です。

支度を済ませて6時に第1投、潮も緩くやり易いです。
2投目でボラ当りが出ました。ボラの活性が高い様で期待が持てます。

こんなだと「ツ抜け」出来そうな感じですが、実際そんな甘くは無く夕方5時まで粘って
5枚上げるのがやっとでした。ボラは倍ぐらい掛けましたが・・・

先週まで一番の当たりエサだったコーンが今日は良くなく、5枚のうち4枚は今までエサ取り
に一撃で歯が立たなかった「オキアミ」で当たりが出ました。
「フナ虫」は先週まであれほどいたのが今日は殆んど見当たりません。やっと捕まえて投げても
1回も取られることなく戻って来ました。


DVC00017_convert_20100926183912.jpg
30センチ~45センチ 5枚でました。


参考まで

1枚目   7時05分  オキアミ
2枚目  11時30分  オキアミ
3枚目  15時10分  オキアミ
4枚目  15時13分  オキアミ 2投連続

ここで確変入るかと期待するが後が続かず。

5枚目  16時15分  コーン

最後まで団子アタリ出るが17時にて納竿





4枚目を釣った時、タモ入れと当時に鈎外れしました。
外れたハリを見てビックリ! 折られる寸前です。

恐るべし「アゴパワー」!

DVC00015_convert_20100926183822.jpg

黒鯛釣遊会「のつのつ」メンバーの釣果はこちらからどうぞ!




9月22日(水)

今日は高中正義のライブに行ってきました。

平日という事もあって午後から有給投入です。
会場の中野サンプラザに着いたのは3時半過ぎ、グッズの購入が毎回混雑して買えないので大分早めに行きました。リハーサルの音が漏れてきて少しでも聴けたらラッキーというのもありましたが、そこはきちんとしたホールですのでそんなことはありませんでした。(汗)

今日はちょっとしたサプライズがありました。

一般客入口から5mぐらい離れた所に関係者の受付があって関係者用のチケットが用意されていました。チケットには関係者毎に名前が貼り付けられていて目を凝らしてみると「ギターマガジン」編集長の野口氏の名前等が見えます。なんとその中に「ご家族様」と書いてあるチケットがあります。ここにいれば高中さんのご家族が見れる!こんな事はまず無いのでどんな方が来るのか見ていると3人連れの一行が来られました。
一人は元気の良さそうなお婆さまと高中さんより年上ぐらいの男女の2人様です。そのお婆さまが受付の人に「高中の母です」と言ったのが聞こえました。
うぁ~高中さんのお母様見ちゃった!他の2人は御兄弟でしょうか?

それから、もうひとつのサプライズです。

アンコールの前の照明がすこし上がった時でした。先ほどのお婆さまが通路を通って自分の方に歩いてきました。(自分の列は2番目のブロックの最前列)そうすると自分の4つ左側の親子2人がそのお婆さまを呼びとめて話をしています。会話の内容は聞こえませんでしたが、お婆さまがお子様(小学校高学年が中学1年ぐらいの女の子)に向かっ背が高くなったね~みたいなジェスチャーをしています。お母様らしき方も笑って話をされています。
もしかして!その親子は高中さんの「奥さまとお嬢様」でしょうか?
その証拠ではありませんがお嬢様の方は関係者様のパスをされていて退場する時にお母様と楽屋の方に向かわれました。


話をライブに戻します。

セットリストは他のブログでも出ると思いますので割愛します。

今回使用のギターは

PRS Ted Mccarty
FENDER 高中モデル2号機
SG2000ブルー
SG1000ラージヘッド
モズライト高中モデル

これらのギターを曲ごと使い分けていましたが音が一番良かったのはPRSでした。
ここ数年のライブの中でもズバ抜けていい音(太くて粘りのある)です。
その次はSG1000でこれもなかなか艶のある音でした。
高中さんがSG1000をレコーディングで多用されていたのが良く分かります。
歪みもクリアもバッチリ!

期待のSG2000ブルーは1000と比べるとやや期待外れで音的にはPRS,1000
にはかなわない感じでした。

FENDER 高中モデル2号機はマイクの配列がHSHという事でSGに近い音を求められて作製したというコンセプトの様ですが、やはり使用している木材の違いだと思いますがPRS、SGと比べると軽い音の様に感じました。

モズライトは1曲しか使わなかったのですがやはり「テケテケサウンド」といった感じです。

FENDER 高中モデル1号機はライブの前半でサイドギターの稲葉さんが使われていました。



でもSG2000でのブルーラグーンは「スーパーライブバージョン」でしたので「大満足」でした。

高中さんありがとう!




年甲斐も無くステッカー買っちゃいました。
高中正義のライブに今年も行きます!

去年は日比谷の野音で開放的なステージでしたが今年は中野サンプラザです。

チケットは高中さんのオフィシャルHPから先行予約しました。
去年は8列、今年は13列ですが去年と同じで端のブロックになってしまいました。
去年はステージに向かって左側だったのでギターや指運がよく見えたのですが今年は右側な
のでちょっと残念です・・・

でも、今年のライブはフェンダー高中モデル2号機、モズライト高中モデルのお披露目、
なんと言ってもブルーのSG2000、ラージヘッドのSG1000が衝撃の復活をします!
往年の高中ファンには垂涎もののギターがまた見られるのです。

中学の頃からのあこがれのギターがナマで見れると思うと今からワクワクしています。
明日は思いっきり楽しんで来ます!



9月20日(月)

今日は午後から子供の用事があるので午前のみの釣行です。
以前から気になっていたおひとり様限定の某所に行ってきました。
ここは道路から近く、釣座のすぐ後ろに車が止められるので水深はあって2本ぐらいか
と思っていましたが投げてびっくり3本ありました。

6時実釣開始、30分ぐらいでウキに反応が出始めます。
もぞもぞしてからゆっくり沈んだので合わせますが拍子抜け、上がってきたのはトラギス
でした。その後も何回かトラギスが掛ります。

そのうち違うあたりが出始め今度はウキが勢いよく入っては上がってくる様になりました。
ウキは沈むのですが必ず上がってきます。合わせを入れて上がってきたのはチャリコです。

それからは何をやってもチャリコが掛ってきます。なんとかボラを寄せてチャリコを蹴散ら
してもらいたいのですが一向にボラの気配はありません。
そんなこんなで11時半で団子材が無くなり、チャリコに相手に何もできず終了しました。

DVC00007_convert_20100920133739.jpg

黒鯛釣遊会「のつのつ」メンバーの釣果はこちらからどうぞ!
9月18日(土)

今日はクラブメンバーの「ジュニア」さんと行ってきました。
ジュニアさんとは約1月半振りの釣行です。


午前の部

場所は最近通っているいつもの所、私が左側、ジュニアさんが右側の釣座に入りります。
6時実釣開始、自分たち以外は団子釣りの人はいません。この時期なので、青物狙いの
釣り人が数名、遠くでよく見えませんでしたが50㎝ぐらいのが結構釣れてました。

状況は先週と殆んど同じで潮が飛ぶような事はありませんでした。
団子アタリも開始2時間ぐらいから出始めていい感じです。
そして8時半でガツガツ団子に当ってから30秒ぐらいで一気にウキが入ります。
元気のいい引きを楽しませてくれたのはジャスト40㎝の黒鯛でした。


DVC00004_convert_20100919060748.jpg

それからは団子アタリは継続して出るもののえさも触られた気配も無く戻ってくる様にな
りました。よくエサ取りがワンサカいて大型の魚が現れてエサが残ると言う感じではなく
ボラが団子を割ったらそれでおしまい!他の魚の気配がありません。

モヤモヤしながらやりましたがテトラの上では体力が限界なので1時過ぎぐらいで見切り
をつけ場所変えをする事にしました。



午後の部


この場所は去年のこの時期からシーズン終盤まで盛り上がった場所です。
自分はスロープの終わりぐらい、ジュニアは自分から左に10mぐらいの所に釣座を構え
ます。

実はこの場所、今期シーズンインしてから3度目の挑戦になります。2回とも残念ボーズ
で終わったので3度目の正直で気合が入ります。ここは夕方の時合いで連発する事がある
ので侮れません。

2時ぐらいから団子を投入します。開始30分ぐらいで反応が出始めます。メジナ、ササ
ノハベラ、サンバソウのエサ取りが飽きないぐらいで釣れてきます。多少風が吹いていま
すが水面はベタベタ潮も落ち着いていていい感じです。ジュニアも同じ状況です。

開始2時間の4時ぐらいから団子に反応が出始めます。団子アタリも段々大きくなり割れ
て10秒ぐらいでゆっくりウキが入ります。ビシッと合わせるといい重量感が伝わり竿が
曲がります。ボラの引きとは違い直線的な引きですが底がなかなか切れない感じで少し強
引にやり取りすると魚影が見えてきました。30後半のメジナでした。メジナと分かって
気が抜けた瞬間に捨て石にもぐられてハリス切れです。

気を取り直して団子投入、相変わらず団子アタリは出ています。数投後、団子アタリで割
れてから10秒ぐらいで前アタリがありウキがゆっくり沈んでいく教科書通りの展開です。

アワセを入れると今度もそこそこの重量感。またメジナかと思いましたが少しやり取りを
すると底を切って少し高い位置に魚がいるのが分かります。元気いっぱいに竿を曲げてく
れると水面に姿が見えてきました。ギラッとすると黒鯛特有のシルエットが見えて無事
タモに収まったのは39㎝黒鯛でした。


DVC00006_convert_20100919060838.jpg

1枚出たので確変を期待しますが後が続きません。団子アタリは出ているのですが食ってく
るのはメジナというパターンで黒鯛がメジナを蹴散らして来る感じではありません。
途中何回かエサが残ってくる時もあり団子の締めを色々と変えてみましたが結局それから
本命が出る事も無く6時ぐらいでウキも見えなくなり終了となりました。

この場所でやっと釣果が出たのでこれから期待大です。
ジュニアさんお疲れ様でした。またよろしくお願いします。


黒鯛釣遊会「のつのつ」メンバーの釣果はこちらからどうぞ!