2011.07.31 初場所
7月31日 (日)  大潮

今日は東伊豆釣行の予定でしたが、前日の雷雨で沼津の花火大会初日が中止なったため、今日の花火に行く事になりました。

午前中の釣行になるので場所は沼津の近場です。
ならば初場所という事にして、ここを選択しました。

5時半実釣開始、水深は満潮で竿1本ぐらいです。

場が出来てくると、コーンも取られる状況になります。
大型の魚が寄ってきて、エサ取り(多分カワハギ)を蹴散らしてくれるのを待ちますが、団子のタッチを色々変えても一向に団子を触ってくる感じがでません。

今日はずっとそんな感じで、納竿30分ぐらい前でやっと団子が出てウキに変化が出る様になります。教科書通りのアタリでウキが入りますが、団子に触っていたのはタコでした。

その後は、またカワハギに囲まれてる感じでエサだけが無くなる様になり、10時半でタイムアップ、納竿としました。

DVC00039.jpg

2011.07.30 朝黒!
7月30日 (土)  大潮

今日は朝ラーならぬ朝黒釣行に行ってきました。

先週、久しぶりにクラブの仲間と連絡を取ると、皆さん団子は投げてないとの事。
でもHGの様子は気になっているみたいで、様子を聞かれますが、自分も6月5日以降は一度も竿を出してないので調査釣行に行ってきました。

午後から子供と花火大会に行く用事があるので釣行時間は5時~8時までの3時間釣行としました。

現場に着くと見た事のある車、トトダンゴさんとシドーさんが既に準備をされていました。

自分は2人から離れた場所で実釣開始、投入早々、潮が飛んでます。様子をみながら団子を入れて行くと6時前で緩み始めた途端に、団子アタリが出ます。

数投後、団子アタリ→前アタリ→本アタリで綺麗にウキが入り、本日1枚目が上がります。
その15分後に同じパターンで本命が掛りますが、取り込み手前で障害物にハリスが当たりバラシていまいました。

その後は中だるみになりましたが、7時ぐらいでまた団子アタリが出て2投連続で本命ゲット。
連荘モード突入かと思われましたが、潮が速くなりアタリも遠のきました。

8時ぐらいには潮が緩くなり、団子アタリも復活して雰囲気が出てきましたが、コマセ終了にて納竿となりました。

110730.jpg

33~35センチ  当たりエサ 全部コーン
久々のHG、いい感じでした!


2011.07.23 団子を見直す
7月23日  小潮

先週の興奮が冷めやらないまま、悶々としてました。

大会の時に思うような団子が握れなかったのがショックで、今回は自分なりに答えを出そうと団子を手直しをしてみました。
配合は糠、砂、荒引きさなぎ、チヌパワーダッシュで大会と同じ、今回は配合の比率と作り方を変えました。


検証場所はもちろん大会のポイントです。

DVC00027.jpg
台風後の濁りで心配になりましたが・・・

5時実釣開始、今回は杓投げです。30分も団子を打つとエサが取られるようになりましたが、それほどエサ取りの活性が高くはなく5投に1、2回のペースでエサがなくなります。
そんな状況が続き、7時半ぐらいで団子アタリが出て数投後にウキが入り本日1枚目(手のひらサイズ)が釣れました。

その後は、また元の状況にもどり、反応が薄くなったのでアミエビを追加、徐々に団子アタリが出始め、8時半からは4投連続でヒットしました。当たりエサは4枚ともフナ虫です。


それから、10時までに2枚拾って7枚、それからはパタッとアタリがなくなり11時ぐらいからボラアタリが出始め11時半で8枚目追加。しかし、8枚目を取ってすぐに遠洋漁業の船が氷を積みに入って来て、問答無用で場所移動、25メートル右に移動、12時ぐらいから氷を積み始め、積み終わるまでが約1時間半、その間は氷を積む音がものすごく殆んど釣りになりませんでした。

DVC00029.jpg
大会の時にこんな船こなくてよかった!

氷が積み終わり、船も移動するかと思ったらそのまま動かなかったので、移動した釣り座で団子を打っているとまた2時ぐらいからボラアタリが始めて、いい感じになって来ました。アミエビを少量追加、するとチャリコが反応し始めこのまま魚が寄れば雰囲気出そうと思った所でパタッとボラアタリもチャリコも消えエサが丸残りで戻る様になりました。

もしかしてスーパーリーチ?、ボラもエサ取りも蹴散らかされた感じですが、一向にウキに反応が出ず付けエサが残る状況が30分ぐらい続きました。

3時を少し回った所でウキがゆっくり水面から消えます。「やっと来た!」と「ビシッ!」とアワセを入れましたが根掛りみたいです。ゴリ巻きすると何かがそのまま付いてきますが、かなりの重量感があります。

もしかして?やはりそうでした。上がって来たのは大きなタコでした。
大会の時も同じ感じで一回り大きいのが来ました。

隣のおじさんにタコをプレゼントして次の一投、今度は団子アタリがでます。30秒ほど流すとウキがゆっくり沈み、9枚目ゲット。

タコがいなくなって次の一投で本命が来るなんて、タコがいると黒鯛が寄りつかないって本当かも!

その後、どんどん雰囲気が良くなり次の1枚がいつ釣れてもおかしくない状況でしたが、所用のため3時半にて納竿しました。


DVC00032.jpg
団子を見直して結果が出ました。手のひら~41センチ 9枚
7月17日 (日)  大潮 


今年も永易流王座決定戦 東日本地区予選に参加してきました。
 
3時過ぎ受付でエントリー後、釣座の抽選くじを引くと「28番」、ポイント別に集合するとなんと同じポイントにフリーダム会長「永易さん」、フリーダムイースト会長「福原さん」が同じ組です。「永易流」の「永易」ってそう、「永易さん」の事なんです。自分の抽選番号は28番、永易さん27番、福原さん29番です。
ハァー大変大変、とんでもないトコ引いちゃった!って感じです。

普段「ちぬ倶楽部」で見ている2人が自分の前にいるので緊張します。
抽選番号の25~30番は小川港の「Gポイント」になります。

ポイント紹介
ポイントマップ






競技説明が終わり各々ポイントに移動します。
Gポントは6月25日の試釣で1枚取っているので同じ場所に入ればなんとかなると思いますが、こんな機会はないので無謀にも永易さんの隣りで競技する事にしました。

Gポイントの釣座選択はこんな感じです。複数名の並びで隣りならそれほど緊張しませんが。同じ並びで永易さんと2人だけ、さすがに緊張しました。

小川港
すいません、他のお二方のお名前聞いてませんでした。

DVC00003_convert_20110717234316.jpg

自分の釣座

2011_07170009_convert_20110718235613.jpg
自分の奥が永易さんです。


釣果ですが、永易さん6枚、規定の5枚をきちんと揃えて堂々の優勝です。
自分は、なんとか2枚釣って7位でした。

今回は雰囲気に呑まれてしまい、団子は空爆するは、配合いじり過ぎて訳分からなくなるはで普段の釣りが出来ずにあっという間にタイムアップになってしまいました。

やっぱり、永易さんスゴイです。(日焼けの方も)
手投げでスゲ~距離飛ばすし、6時に過ぎには2投連続で本命掛けちゃうし、もう「ゴメンナサイ」って感じでした。

今回は本当に「いい経験」をさせていただきました。
大会を運営頂いた「フリーダムイースト」の皆様、ありがとうございました。
来年は技を磨いて?再挑戦したいです。



2011_07170059.jpg
閉会後の集合写真

DVC00014 (2)
なんとか7位になりました。



DVC00006.jpg
2枚取れました。

2011.07.10 初場所にて
7月10日 (日)  (長潮)

今日は気になってた場所に半日釣行してきました。


雲で富士山が見えませんがバッチリみえると絵葉書の様な気持ちのいい所です。

雰囲気的には西浦の久料に似ていて舟の間を釣る事になりますが、キャパ的には4人ぐらいで竿を出せそうです。



6時実釣開始、最初の2時間はエサ取りもいない状況が続きましたが、そのうちの反応が出始

め、10時ぐらいで団子を触ってくる様になり、しばらくして本命が出ました。その後も同じ様な状況が

続き、バラシが1回ありましたが本命1枚のみで12時で納竿しました。


今回、団子を触ってくるのはボラ、チャリコ、黒鯛、の様でウキアタリが出るのは団子が割れてから

1~2分ぐらいでした。この時期にしてはエサ取りもきつくなくオキアミだけで釣りが成立する状況でした。

とりあえず、初場所で本命釣れたし、手投げも練習出来たので半日の釣行でしたが「これでヨシ!」としま

しょう。

DVC00021_convert_20110710155546_20110710181649.jpg