2011.12.30 HG最終戦!
12月30日 (金)   中潮

今年もあと2日です。皆さんはどんな1年でしたか?
自分的にはブログを通して多くの人と出会ったり、今までとは違うフィールドで竿を出したりと釣りに関しては充実した1年でした。

さて、今年の釣り納めは何処にしようかと悩みましたが、やはりHGでしょ!って感じで出撃してきました。
団子は前々回で終了したので今回はフカセです。事前情報でもやはりフカセで釣果が出てるのでワクワクしながら7時半実釣開始です。

コマセを打って仕掛けを入れていくと1投目からウキが沈みます。
アワセを入れると簡単に上がってきました、20センチぐらいのササノハベラです。
まさかの1投目!とドキッとしましたが、まぁこんなもんでしょう。と気を取り直してコマセを打っていきます。

今回の配合
オキアミ3㎏、糠2㎏、チヌパワーダッシュ1/2、コーン1缶
練り込んで粘りを出し団子で落としていく感じです。
棚は底から1mぐらい切ったぐらいです。

今日は魚の活性はいい様でコマセを打つと投点にメジナが沸いてきますが、底の方まではいない様で1回もメジナが掛かる事はありませんでした。
30分もすると今度はおそらくカワハギが出て来た様でウキに反応が無いままエサが取られるようになります。仕掛けをハワセてもエサが無くなるので非常に厄介です。今回の付エサはオキアミ、コーン、カニの3種類を用意しました。

オキアミは役に立たないのでコーンを付けてみますが何度やっても反応無し、カニでしばらく流すとカワハギが引っ張っているらしく、たまにウキが入りますが足が少なくなって戻ってきます。

午前中はこんな感じで気分もイライラ、カワハギが厄介で釣りになりません。おまけにボラまで湧き出してコマセの投点に猛ダッシュ、仕掛けの周りをグルグル回っています。
我慢も限界を超えました。 まだバッカンに1/3コマセが残っているので、思い立ったが吉日よろしく即行で浜に行き砂をかき集めてバッカンに投入、集魚材と糠を足して紀州釣りにチェンジ!

ちょうど12時ぐらいから紀州釣り開始、即席の団子なのでいつものタッチとはかなり違いますが割れはいい感じで何とかなりそうです。

団子に変更してもエサ取りは活発で相変わらずウキ無反応で素鉤が帰ってきます。結構締めても1分団子が持たない状況です。オキアミが残りだしたらリーチかな!そんな感じで1時間弱団子を打っていくとようやくエサが残り始めました。チャンス到来!一発ツモなるか!ところが今度は毎投エサが返品されて来る様になってしまいました。返品されたオキアミも気持ち冷たく感じます。あ~やってしまったか!団子に変えたのが裏目に出てしまった感じですが、もうフカセに戻すつもりはないのでそのまま団子を打ち続けます。

我慢しながら団子を打っていくと、2時少し前から微かに団子を触って来るような反応が出てきました。
棚を詰めると明らかに団子アタリが出ています。
やっと来たか!その2投後ぐらいで団子アタリの後ウキが半分シモッたまま動きません。タイミング的には団子は割れているので軽くアワセを入れると「ガツン」と来ました。竿をのつのつ叩くこの手応えがたまりません!しばらくするとギラッと黒鯛特有のシルエットが見え無事にタモ入れ完了。38センチの嬉しい1枚でした。

2枚目はその30分後、団子アタリの後5秒ぐらいでウキが出たり入ったりします、なかなか消し込まないので痺れを切らして「ビシッ」とアワセを入れると「ガツン」と来ました。今度は結構重量感がありドラグが鳴ります、慎重にやり取りをすると上がって来たのは44センチの黒鯛でした。

3枚目は3時半ぐらいで団子アタリが出て割れた後そのまま1分半ぐらい流すとウキが少しシモリます。今回はカニを付けているので慌てずウキが入るのを待ちます。1分ぐらいシモッたり戻ったりが続きますが、こういう感じの時は大体喰っている事が多いので聞きアワセを入れるとウキが入っていきます。「ビシッ」とアワセを入れてやり取り開始、今度は元気がよく魚が暴れまくります。横っ走りして障害物に入りそうになるのを強引に引きずり出します。さんざん暴れた割には上がって来た黒鯛は36センチでした。

その後はたまに団子アタリが出るものの、なかなか喰わせる事が出来ず夕日が隠れてウキが見づらくなった5時少し前で納竿しました。

状況をみてフカセから紀州釣りに切り替えたのが功を奏しました。



36、38、44センチ 3枚
アタリエサ オキアミ×2 カニ×1
他魚
ササノハベラ×2 キュウセン×1 カワハギ×1

2011123016240000.jpg

HG最終戦、なんとか有終の美を飾る事が出来ました。

1年間、拙い内容でしたがお付き合い頂き有難うございました。
来年も黒鯛釣りの楽しさを伝える事が出来たらと思っております。
2011.12.27 初フカセ!
12月25日 (日)   大潮

今回は初フカセ釣行に行ってきました。
本命場所はあいにく波が被ってました・・・
風予報も大荒れの様なので某風裏ポイントに行きました。

ここは以前から目をつけていた場所で、本当は紀州釣りで狙いたいポイントですが、画像の通り船がついておまけに底はロープやら係留のチェーンがあり、フカセシーズンになったらやってみたかったポイントです。



結果的にはキュウセンが1尾釣れただけで本命は出ませんでした。

約一年ぶりのフカセだったので仕掛けの入れ方やコマセの打ち方等を復習しながらの釣行でした。
本命はいると思いますので今シーズン何回かは竿を出したいポイントです。

2011.12.23 団子納め!
12月23日 (金)  大潮

今日は「のつのつ」メンバージュニアさんと竿を出してきました。

先週のリベンジよろしく目的地に到着するとなんとバリケードが・・・
仕方なしに移動、風の避けられるポイントに移動しました。

2011122314520000.jpg

明るくなって実釣開始、最初からエサが取られてなんかいい感じです。
ジュニアさんは開始早々に竿を曲げてます。曲がりからそこそこの魚が掛かっているの間違えないようですが、格闘することしばし、上がってきたのは残念ながら40センチぐらいのエソでした。

私の方はコンスタントにエサが取られますがウキが沈むようなアタリはありません。どうやらカワハギに囲まれてしまったようです。それでもたまに軽く押さえ込むような反応が出ますが、それは無視して黒鯛の到来を待つという感じです。

先週が付エサほぼ返品だったので今回はアミエビ入れて集魚UPの団子にしました。
午後からは更にアミエビと集魚材を追加してギトギトにしました。普段こんな団子でやらないので実験モードです。濃い団子を更に濃くしたのでエサ取りも飽きるかと思いきや(笑)、終始無反応で餌が取られる状況は変わらず1回もウキが沈まないままボーズで納竿しました。

ちょうど団子材と砂の在庫が終了したので紀州釣りは今回で終了、次回からフカセで黒鯛を狙います。

ジュニアさん
恒例の「月イチ釣行」お疲れ様でした。
次からはフカセでお願いします。


それから、忘年会の席で3代目「のつのつ会長」を襲名した「しっぺ」さん。
この期に及んで 「今期初釣果」 おめでとうございます。
 










ウキケースもフエルトを貼ってなんとか?完成。
2011122309310000.jpg
一軍ウキともしばらくお別れです。




2011.12.18 ボーズでした
12月18日 (日)    小潮



色々頑張りましたがボーズでしたので特に書くような内容はありません。
魚っ気が殆どなく昼ぐらいで一時的にエサ取りが出て殆どオキアミ取られる様になりましたがすぐ逆戻り、夕方少し気配が出てウキに反応が・・・押さえ込むようなアタリにビシッと入れると上がって来たのはゴ・ン・ズ・イ・・・
意気消沈しながらの納竿でした。

黒鯛ですか?居ましたよ! 隣の常連さん2枚取ってました。

今回はアミエビ無しだったので次回は集魚UPでリベンジしてみます。
12月10日 (土)   大潮


3週連続で沼津釣行が続いたため、少し気分を変えようと思いシドー君を誘って清水に行ってきました。

まだ暗いうちに現地に到着、2人分の釣座を確保、程なくシドー君到着。
シドー君にには右の釣座に入ってもらい、自分は左に50mほど離れた釣座で7時スタート。

2011121006380000.jpg

やる気満々で団子を打っていきますが、水温低下の影響かエサが丸残り、割れがメチャクチャ遅いです。おまけに潮も流れ出し団子の割れるタイミングを変えてもウキのコントロールがやりづらい状況です。開始2時間ほどはこんな感じで、思うとおりの状況が作れません。っていうか状況が渋すぎて正直ヤバイ感じです。

やっと潮が緩んで来た頃に微かにですが団子を触る様になってきました。そろそろリーチかな?って感じで団子の大きさやハワセ幅、アミエビ投入したりしてアプローチしますが、団子を割るでもなくちょこっと触るだけでエサがかじられる様子もなくそのまま返品されます。
こんな感じがしばらく続きましたがしばらくすると無反応になってしまいました。
午前中はこんな感じで1回もエサがまともに取られることもなく、アワセも1回入れただけでした。

午後からは集魚を上げて、何でもいいから魚を寄せる事に集中しますが相変わらずエサ丸残りです。でも、たま~に団子アタリが出るのが唯一の救いで大型の魚がいるのは確実です。どうすればスイッチを入れられるか!
これだけ集魚を上げてるのだから答えは団子の濃さではない様です。付けエサを色々換えたり、エサを団子の上や下に入れて出てくるタイミングを変えても変化無し、我慢の時間が続きます。

試行錯誤をしてる中、2時でやっとウキが綺麗に入りました。お~っ、やっと来たか!これまでの鬱憤を晴らすような鬼アワセを入れると竿に手応えがあり思わすニヤリ!型は小さいものの「これでボーズ脱出!」手前に寄せると銀色に輝く魚体!ところが、上がって来たのは良型のコノシロでした。おかげでテンション更にガタ落ちです。

そうこうしているうちに今度は正面から風が吹き出して、海面がシャバシャバで細かいアタリなんて言ってられない状況になりました。こうなるとハワセ幅をドーンと取って喰ったらウキが沈むだろうという釣りで状況が変わるのを待ちます。

3時半ぐらいからなんとか風も弱くなり徐々に釣りになる様になりました。4時半にはウキが見づらくなるのでラスト1時間の勝負になりました。なんとかボーズにならない様に集中します。
風が弱くなるとたまーにある団子アタリがまた確認できるようになりました。日がかげり始めると団子の割れが少し速くなりウキに細かいアタリが出る様になりますが、全部入る様なあたりはなくヤキモキさせられます。

そんな中4時ぐらいで細かいアタリでアワセたい気持ちを抑えてしばらく流すとウキが一気に海面から消えました。反射的にアワセを入れると竿が綺麗に曲がります。今度こそは!竿に伝わる重量感、のつのつ竿を叩きます。
水中で綺麗な縞模様が見えます。シドー君のタモ入れをしてもらい、やっと本日1枚目が取れました。(ヤッター!)

ストリンガーに魚を繋いで次の1枚を狙って団子を入れます。連荘モードに入るかと思いましたが思った様には行きません。でもまだ団子アタリは出ているので集中、集中!
思う様な展開に持ち込めず時計も4時半、団子も残り3投でラストの一発に期待して団子を入れます。
すると小さく団子にアタリが出ています、1枚目もしばらく流してから来たので同じように小さなアタリは無視して本アタリに備えます。なかなか反応がでないので、あと10秒流してだめっだら回収しようとカウントダウンをします。10・9・8・・・4カウントになった時にいきなりウキが消し込みました。
こんなのってあるんですね!アワセを入れて格闘モード突入、今度は結構パワーがあり主導権の取り合いになりますがレバーブレーキで魚を往なします。糸鳴りがする中何度か突っ込みを交わすと良型が上がって無事タモ入れ成功!久しぶりに黒鯛釣って興奮しました。

その後の2投も集中しましたが、これ以上のドラマはおきず納竿となりました。

2011121016510001.jpg

38、45の2枚
アタリ餌 オキアミ、ボケ
他魚 コノシロ×1
激シブでしたが残り30分でなんとか釣れました。


シドーさん
お疲れ様でした。自分と違って(爆)お見事です。