4月28日 (土)  小潮

沼津もここ数週で水温が上がり20度ぐらいに・・・
水温上がって自分の活性はMAXに上がってますがここ数年GWの釣行は芳しくありません。

風予報は東で風裏になるので1ヶ月以上もご無沙汰しているHGに出撃、得意の場所はカゴ屋さんに占領されていたので少し離れた所で釣座を構えます。
風裏で1日のんびりやるつもりでしたが潮が飛んでて落ち着きません。緩くなった時にメジナやベラが反応しますが一向に雰囲気が出ません。昼近くになると1時間位ず~っと流れっぱなしで紀州釣りが成立する状況ではなくなり午前で見切りを付けました。




いつか竿を出そうと思っていた「超!個室」(笑)に移動。


ここがどこかわかる人 エライ!

移動後の釣座は流れもほとんど無くやりやすいのですが、捨石がかなりあるようで根掛りしない場所を探すのに時間が掛かりました。
夕間詰めの一発を期待しましたが足裏目メジナとベラが数尾つれて結局ボーズにて終了しました。

超個室、結構面白いですよ。
次は新場所開拓に行くか?鉄板場所に行くか?悩んでます。
4月21日 (土)  大潮

今日は「にわか釣師さん」とノッコミ黒鯛を釣りに清水港に行って来ました。
天気予報だと午後は東の強風8mの予報、当初予定していた場所を変更して影響の少ない場所で竿を出しました。

2012042109550000.jpg

にわかさんは表向き自分は内向で釣座を構えます。自分は全くアタリが有りませんが、にわかさんは8時前からポツポツと40オーバーの黒鯛を拾っています。自分はエサも取られないまま午前中で3-0と差がついてしまいました。

前半戦のコマセが終了したので2回戦目のコマセを作りに車行って帰って来るとそこには信じられない光景が!
なんと、にわかさんが若い女の子にかこまれてます!←詳しくはココ

サングラスでよく分かりませんが「ニヤニヤ」「鼻の下は伸び切っている」のが一目でわかります。どうやら女の子達は近くの大学の学生みたいです。
にわかさん女の子達に紀州釣りの事や黒鯛の事を色々質問されて楽しそう! しまいには団子投入のデモンストレーションまで・・・・釣れてる男は違うのォ~!  楽しいひと時の後、彼女達も帰って行きました。
にわかさん昼過ぎにも小型ながら1枚追加、4時半で早上がりしましたが釣果4枚はサスガです。

その間自分は色々投点を変えたりあれやこれやしましたが、どうにもこうにもエサも取れれません。ボーズ回避の為、にわかさん納竿後の釣座に入らせてもらいました。
数投で魚の反応が!  裏と表でどうしてこんなにって位違います。場は出来ていたので5時半でなんとか41センチを釣って6時過ぎに納竿しました。

2012042117310000.jpg


それから、今日は韓国の方との出会いがありました。紀州釣りも始めたばかりという事ですが機会があれば沼津で竿を出しましょう。

2012042115580000_20120421230218.jpg

韓国の方に団子の作り方、握り方、投入の仕方をレクチャーしている「にわか講師」


にわか講師様
色々とよかったですね。今日は「にわかDAY」という事で・・・
お疲れ様でした。








4月15日  (日)  時々  長潮

今日は「にわか釣師さん」「イッサさん」と長井崎某所で竿を出してきました。



前日に同所でシドー君が1枚取ったという情報も入ったので、否応無しに期待が膨らみます。

にわかさんは夜勤明けの参戦で遅れるとの事で二人で6時実釣開始。
今年一番のスケスケで底がバッチリ見えます。手前の駆け上がり付近がポイントになると思ってましたが、この状況では駆け上がりの少し先に団子を入れたほうが良い感じです。

しばらく団子を打っていくと一人、二人釣り人がやって来てにわかさんが到着した8時前にはなんと8人もの団子師が並んでしまいました。(笑)この場所、釣り場のキャパ的には4人ぐらが最適だと思います。幸い自分は釣り場の一番右に入ったので影響はありませんでした。

釣況というと魚の反応が無く2時間経っても3時間経っても1回もエサが取られません。結局午前中アワセを入れたのは団子に変な反応が出た時ボケに変えてウキが沈んだ(スカでしが)1回だけです。(汗)

他のお客さんも全くいい所がない様で昼前から一人帰り、二人帰り・・・4時を過ぎる頃には自分たち3人だけになってしまいました。(笑)

先週も同じような状況でしたが今日は輪をかけてシブく、マジでエサが取られません。唯一掛かった魚は放置プレーで釣れた小指ぐらいのカサゴのみです。自然とボーズの文字が浮かんできますが残り2時間に全てを賭けます。沼津のノッコミ時期は先週みたいに夕間詰めの「一発」があるのでとにかく小さなウキの変化を見逃さないよう集中します。

5時のチャイムが鳴り残り1時間になりました。日が傾いて来て底も見えづらくなりそろそろ魚も出てきそうな感じがしたのでエサをボケに変えて少し手前の駆け上がりの際を攻めます。しばらく団子を入れてみますが反応が出ないので次は少し遠投気味にします。団子が着底しウキが馴染んだ瞬間に「コツ!」っと何かが触りました。やっと「小さな変化」が出てそのまま仕掛けを流しましたが何も起こらず回収、次の一投はなにも起きず・・・

でも、数投に1回は同じようなアタリが出るのでなんとか喰わせる手を考えます。団子を少し小さく握りボケが出てくるタイミングを少し早くしましたが着底してもすぐに団子に触って来ません。仕掛けが少し流れた所で軽くウキの肩が沈みました。そのまま少し流すとまた軽く触った後にゆっくりウキが沈み完全にトップが見えなくなりました。午前も同じようなアタリでスカだったので祈る様に「ビシッ!」とアワセを入れると「ガツン」と竿に乗りました!魚が一気に走り出したので思わずレバーブレーキを放して糸を出します。一瞬「ボラ」の予感がしますが「のつのつ」頭を振り出したので本命の期待が膨らみます。何度が突っ込みましたが燻銀の魚影が見えてきました。イッサさんにタモ入れをしてもらい無事本命ゲット。このときすでに6時前、ストリンガーに繋いで次の1投、今後はしばらく流すとウキに明確なアタリが出ますが5センチ浮いたり沈んだりの繰り返し、しばらくそのままにしてウキが完全に沈んだところでアワセを入れると同じように走り出しました。のされそうになったので糸を出して竿の角度を戻し魚の走りを竿で止めた瞬間に無念のハリ外れ!

その後しばらく頑張りましたが暗くなって来たところで納竿となりました。


にわかさん
お疲れ様でした。また一緒にやりましょう。

イッサさん
体調が戻った様で安心しました。
今日の様な時はガツン!と集魚上げちゃっても問題ないと思います。

KAZUさん
差し入れありがとうございました。
機会あればご一緒お願いします。

T山君
差し入れありがとうございました。
今日、他所で2枚ゲット!お見事です。
この時期にあのエサ使うなんて・・・流石!
是非、弟子入りさせて下さい。(笑)

2012041517550001.jpg
夕間詰めの「一発」46センチ
2012.04.08 A Kind of Magic
4月7日 (土) 大潮 

今日は久~しぶりに「トトダンゴさん」と一緒に竿を出して来ました。

前日、トトさんにTELを入れると「シドー君」もご一緒との事で3人釣行になる予定でしたが、シドー君が急遽「ハルさん」と清水に行く事になり、2人ならという事で当初予定しいた場所を変更して西浦某所に行ってきました。

ここは2月11日の釣行で釣果があり、ノッコミ本番には何かありそう?と思う様な感じがしていたので今回検証も兼ねてトトさんを誘ってみました。

2012040710450000 (2)

5時過ぎに現地到着、釣座はトトさんが確保していてくれました。感謝!
しばらく雑談をして6時実釣開始、この時期なので少ないチャンスを拾わないと釣果に恵まれないのは覚悟していましたが予想以上に状況が悪く全くエサ取りの反応すらありません。そんな状況が1時間半ぐらい続き早くも中だるみモード突入!永易ウキって使った事がなかったのでしばしお互いのウキを交換。
数投後、トトさんに貸した自分のBMSを見ているとアタリが出てウキが入りました。「ビシッ!」とアワセが入りやり取り開始!型的にはそんなに大きくない様ですが元気に走り回ってます。一瞬緑っぽい姿が見えたので良型メジナかと思いましたが上がってビックリ30後半の黒鯛、流石!トトさん「何か持ってますね」!

いいものを見せてもらったので自分の活性もヒートアップしましたが自分の方は相変わらず無反応が続きます。10時を過ぎた頃には完全に中だるみ、場所を休ませるのも兼ねて「カニ採集」に行きます。
気分転換のカニ採集から戻って来て仕切りなおし、再開した2、3投は気合が入りますがトトさんに状況を聞いても変化無しとの事。昼までに1回だけウキが入ってアワセを入れますが「スカ!」たまにエサも取られる様にはなりましたが午前の部はいい所なく終了。

午後の部突入!それでも多少状況が良くなり、たまにエサが取られるようになったので多少期待が持てるようになります。3時過ぎからはエサの取られ方がハッキリしてきたので、なんとなく方向性が見えそうな感じです。

オキアミ 5投に1回取られる
カニ   2投に1回とられる
ボケ   ほぼ毎投取られる

こんな感じですので全投ボケと行きたい所ですが、ボケはトトさんから頂いた5匹のみで半分に切って使ってますが3時の時点で残り2匹半、勝負どころで使わないとって感じです。

その後も好転はしないのですがオキアミで取られたときにカニで様子見、怪しい感じがしたらボケを使うというローテーションをしていきます。エサを触っているのはウキの反応で解るのですがなんせウキが沈みません。怪しいからといって沈まないウキにアワセを入れる訳にも行かず・・・こんな状況が続きます。

そんなこんなで既に時計は5時を回っています。この釣り場は夕方いきなりスイッチが入って一発逆転の可能性があるので気合が入ります。しかしスイッチが入ったのはトトさんの方で5時半ぐらいにいきなり竿が悲鳴を上げるぐらいひん曲がってます。かなりの時間やり取りをしてますが一向に浮いてきません。一瞬白っぽい魚影が見えてトトさんは「ボラ」に見えたようですが自分には「黒鯛」にしか見えませんでした。(笑)
そのうち一目で「年無し」とわかる魚体が姿を現しトトさん興奮しながらの取り込み、計測すると53センチで超ナイスバディーのノッコミ黒鯛でした。トトさん、おめでとうございます!

しかし、トトさんその後数投でコマセ切れにて終了、自分もボーズでは帰れないので状況のいいトトさんのポイントに団子投入!
残りのボケはあと1匹、これに全てを託します。
1投目、様子見のオキアミが潰れて返品。
2投目、ボケ尻尾、ウキが沈むか沈まないかの反応で取られて回収。
3投目、ボケ頭、2投目と同じ反応、吸い込むまでにかなり神経質な感じでウキに小さな反応が断続的に出て1分半ぐらいすると教科書通りの入り方をします。トップが沈みきったところで神様に祈るような思いでアワセを入れいると「ガツン!」と来ました。やり取りをすると「のつのつ」竿を叩くので「本命確定!」ノッコミ黒鯛の重量感を堪能しながら竿の曲がりを楽しませてもらいました。

その後は雰囲気を感じながらも「ボケ」切れで追加できず、日没にて納竿となりました。

2012040718090001.jpg
最後に答えてくれた47.5センチ

トトダンゴさん
昼のカップラーメン、満開の桜を見ながらの釣行は最高ですね。ボケまで頂きありがとうございました。
今日は流石!「トトマジック」って感じでしたね。
お疲れ様でした、またやりましょう。

P4071516.jpg
画像はトトさんのブログから拝借しました。
4月1日 (日) 

土曜日はにわかさんと清水に行く予定でしたが生憎の悪天候にて中止に・・・(残念!)
という事で沼津単独釣行となりました。

天気予報は終日西風7~8mなので風裏ポイントの選択となりますが、先週と同じ場所だと面白くないので普段行かない所に行ってきました。

ここで竿を出すのは何年振り?あまりにも魚っ気ないので移動した記憶が・・・
6時30分スタート1時間経っても2時間経っても何にも変化無し、集金の爺さんに駐車場代払ってしまったのでもう少し様子を見ることに。そのうち風裏のはずが暴風が回りこんで来てバッカンが何度も飛ばされそうに・・・
11時半まで頑張りましたが全く楽しくないので撤収!


午前の場所からの富士山 やっぱりここは相性悪い!


午後は西風無敵場所に避難してきました。
2012040117010000.jpg

午前より少しはマシでウキは1回も沈みませんでしたが、全部居食いでクロサギ×2、マハタ×1鈎に掛かりましたが、これと言った山場はなく撃沈しました。(涙)