2009.11.26 「鈎」
今日は「鈎」について書きます。

団子釣りを始めるようになり雑誌を見ていると、色々なチヌ鈎が紹介されています。その時はどんな針がいいかよく分からなかったので、標準的な「チヌ鈎」を使用していました。

黒鯛を始める前は「グレ鈎(スレ)」の7号をメインで使ってましたので「チヌ鈎」のヒネリは私にとって非常に違和感のあるものでした。そもそも「チヌ鈎」ってなんで「ヒネリ」が入っているのでしょう?
雑誌では黒鯛が吸い込んだ時に「ヒネリ」があると鈎掛りが良くなる・・・とか色々書いてありますよね。

そんな時この鈎が目に飛び込んで来ました。



気に入ってる理由
・ヒネリがない
 ヒネリがあるとエサを刺しづらくないですか?

・半スレである
 半スレなので鈎を外すのが容易。(服に刺さった時には特に実感します

・魚へのダメージが少ない(気がする)
 半スレなのでカエシが小さい分、魚が傷つかない。(気がする)

・手返しが速い
 時合いで連発している時に速く外せる「半スレ」なので、手返しを速くすることができる。
 実は、これが最大の理由です。

止むを得ず伊勢尼、グレ鈎を使用する場合は「カエシ」を潰して使用していますが、「鈎外れ」が多いと感じた事は特に有りません。

たかが「鈎」ですけどみなさん結構「コダワリ」ってあると思います。
お勧めの鈎があれば是非紹介してください。
Secret

TrackBackURL
→http://kurodai1966.blog9.fc2.com/tb.php/11-47950cd9