5月21日(土)

今日は名古屋の後輩が沼津で釣りをしたいというので一緒に竿をだしてきました。
紀州釣りをするのは初めてというので、目の前で年無しを釣って先輩風を吹かせるつもりでしたが午後から入られた左隣りの方に51センチを釣られてしまい下手糞振りを露呈する結果となりました。
でも、それなりに楽しんでくれたので次回また沼津に来る時はなんとか釣らせてあげたいと思います。

沼津もエサ取りが活発になったのかオキアミだとほぼ100パーセント取られるようになりました。
ですからオキアミが残って来るようになればリーチかなという感じで投げてましたが残りだしたのが3時過ぎからで時々薄く団子に触ってくる反応も出るようになりました。

しかし、薄くしか触らないとうか、やる気がないというかガツガツ団子に当たってくるという当たりではないので数少ないアタリをモノにしないと釣果が出ないという感じです。

そんななか弱い団子アタリのあと20秒ぐらい掛けてゆっくり段階的に入りウキが完全に水没した所でアワセを入れるとい手応えで竿曲がりましたが最初の突っ込みでチモト切れ・・・残念!

その20分ぐらいでまたウキが沈みましだがボラでした。ボラが来ていれば本命も居るはずです。
しかし、次に竿が曲がったのは左隣りで大きく曲がっています。やり取りにも時間が掛っているのでどうせボラだろうと思っていると「タモ入れお願いします」と声を掛けられみてるとデカイ黒鯛がヒラ打ってるの見えます。タモ入れ後検寸すると立派な51センチでした。

結局その後はいい所がなく少ないチャンスをモノにできず6時半納竿となりました。

後から年無しを釣った方に聞いたのですが配合はかなり濃い目で投げた団子はソフトボール大、中にはオキアミのアンコ、針にはオキアミをこれでもかというぐらい房掛け、棚も切っていたそうです。

自分はハワセ気味で刺しエサがなるべく動かない設定、集魚もそこそこ控え目でした。
警戒心を与えないのがいいのか?それとも思いっきりアクセントをつけた方がいいのか?使い分けが難しく訳が分からなくなりました。




名古屋のH君おつかれさまでした。次回は釣れる様頑張りましょう。
それから、顔を出して下さった皆様、ありがとうございました。
Secret

TrackBackURL
→http://kurodai1966.blog9.fc2.com/tb.php/116-9b1363e4