2011.06.25 焼津釣行
6月25日(土) 小潮 強風

今日は焼津の小川港に7月17日(日)に開催される「第2回永易流王座決定戦東日本地区予選大会」の試釣に行ってきました。

去年の大会では何とか釣果がありましたが上位決勝進出者との差は歴然だったので試釣はしておきたかったのです。
それに今年は去年のエリアの他に小川港がプラスされるので釣り場の感じだけでも掴みたいので「にわか釣師」さん にお願いして試釣に参加させて頂きました。

本日のメンバーは「にわか釣り師」さんの他に「黒左衛門」(昨年準優勝者)さん、「たーち」さんがいらっしゃるとの事で楽しい1日になりそうです。



DVC00005_convert_20110625222809.jpg
最初に入った釣り場、釣り人は自分だけ団子を打った跡もありませんでした。

最初は画像のずっと左の曲がり角の手前に釣座を構えましたが最初から潮が速く2時間粘りましたがエサが1度も取られなかったので手前側の釣座に移動しました。移動した後、元の場所に作業船が入りました。

移動後の釣座ですが潮の影響は殆んどありませんがこちらも全くエサが取られず2時間は団子打ちましたが「魚っ気ゼロ!」と判断しにわかさん達の釣り場に移動しました。

2時間はエサが取られなくても我慢できますが、さすがに4時間では我慢も限界です。(笑)
ここのエリアに当たったら「ヤバイ」かも?




にわかさん達の釣座は既にやウグイやボラが釣れているとの事で状況は多少良さそうです。
荷物をまとめて移動するとなんと三重の「半蔵」さんの姿が!
フィッシューナで竿を出していたそうですがさっきの作業船が入り濁り水になってしまった為、移動したとの事です。

半蔵さんには5月に沼津にいらした時、後輩におすそ分けを頂いたので、お礼をした後に左隣りに入らせて頂きました。今日も差し入れいただきありがとうございました。


DVC00006_convert_20110625222852.jpg
移動後の釣座です。


釣りを再開したのが10時少し前、昼前まではエサ取りの反応も薄く付けエサも殆んど残って戻ってくる状況です。

半蔵さんを挟んで右の釣り座のにわさん、黒左衛門さんは時々アワセを入れているのでそれなりに魚の反応があるようです。半蔵さんは自分と同じ様な感じです。しかし半蔵さん杓投げですが飛距離が半端じゃないです。あれだけ飛ばしても多分本気で投げてない様です。自分は頑張っても半蔵さんの3/4ぐらいしか飛びません。(汗)

状況が変わりだしたのは1時過ぎからでした。徐々に毎投オキアミが取られる様になり付けエサをコーンに変えても同じです。回収時に鈎が無くなったのでエサ取りは「フグ」の様です。

そのうちにボラアタリが出るようになりようやく楽しくなってきました。
ボラアタリも段々大きくなりフグを蹴散らしてくれるのを期待しましたがどうやらフグの活性が強く、ボラが団子を割った後すぐフグに餌を取られる様で黒鯛が割り込んで餌を喰う感じではありません。

どうやら黒鯛に自分から団子のアタックする様子は無く「回遊待ち」もしくは近くにいてもフグを蹴散らす程の活性は無いようです。

思考錯誤しているうちに時計は既に3時になってしまいました。この時点で私を含め誰も黒鯛を上げてないので、今日が大会だったら記録無しです。今日の状況で3時までに釣果出すのは難しいと思いました。

結果的には何とか33センチ1枚釣る事ができました。でも釣れたのは5時50分これでは遅すぎますね。
たーちさん、半蔵さんも3時以降ですが本命釣ってます。


今日の釣行を振り返るとポイントは「ボラ」、そして「エサ」の様でした。
ボラを早く寄せるのが大事ですがエサ取りのフグもかなり強烈なので、ボラが団子を割っても活性の薄い黒鯛が寄ってくるまで「持つエサ」が必要だと感じました。
他の方の状況は詳しく聞いてないし、1日だけの試釣なので何とも言えませんが、あくまで個人の感想です。

DVC00010_convert_20110626170210.jpg
なんとか釣った33センチ

たーちさん、黒左衛門さん、にわか釣師さん、半蔵さん
お付き合い頂いてありがとうございました。
色々と勉強になりました。
大会がんばります。







Secret

TrackBackURL
→http://kurodai1966.blog9.fc2.com/tb.php/123-b5baf8dc