11月13日 (日)  中潮  

今日は清水港に行って来ました。
清水は4月と8月に2回竿を出しましたがいずれもボーズでした。
今回は場所は違いますが清水で3回ボーズは避けたいので、何とか釣果を出したいところです。

で、今回の釣行場所はにわか釣師さんに状況のいい場所を教えてもらいました。

日の出前に現地到着、教えてもらったポイントにはカマス狙いの人がいましたが、日が昇るころには帰るという事で荷物を置かせてもらい場所を確保、ゆっくりコマセを作りながら御帰宅を待ちます。

DVC00031.jpg

明るくなった6時15分釣行開始、先ずは少し水分の多い団子でエサ取りを寄せようとしましたが、30分たっても1時間たってもオキアミが丸残りで返品されてきます。8時ぐらいからアミエビをアンコにして団子を投入するとたまにエサが取られる様になりました。9時過ぎには少しずつウキに反応が出てきて、アワセを入れる様になりますが、アワセの音が虚しく響きます。

9時半に痺れを切らしアミエビを投入、団子が割れた後少し流すとウキが綺麗に入りました。「ビシッ」とアワセを入れます、魚は掛かった様ですが全く手応えが・・・                      
白っぽい魚影が見えたので「ヘダイ」かと思いましたが、上げてビックリ!15センチの黒鯛!最小記録の更新でした。

小さいながらも1枚出たので追加を狙いますが、その後は集魚を強くした為かオキアミが取られる様になり、コーンをつけると微かに反応が出ますがなかなかウキが入っていきません。色々やってみますが喰わせきれない状況が続きます。

そんなこんなでモヤモヤしていると昼前に一台の車が・・・なんとにわかさんが様子を見に来てくれました。
前日は長野にワカサギ釣りに行っていたとの事、釣果の方は・・・?

いろいろ話をしながら1時ぐらいでコマセ終了、2回戦目のコマセをつくります。
にわかさん曰く、ここは結構アミエビガッツリでもOKとの事で残りのアミエビをドカンと入れました。
濃い目の団子で2回戦目開始、アミエビ効果か再開してしばらくすると雰囲気が出てきて、ウキがゆっくり入ります。
「ビシッ」アワセを入れいると午前のミニとは違いかなりの重量感でグングン竿が曲がります。
何回かの突っ込みを交わすと海面にギラッと燻銀の魚影がみえます。上がって来たのは43センチの黒鯛でした。魚をスカリに入れ次を狙って団子投入、すると同じような感じでウキが入ります。アワセを入れると同じような重量感!どうやら群れが入って来た様です。魚の動きをためて反転させようとした瞬間竿が跳ね上がり残念!バラしてしまいました。仕掛けを回収するとハリスが途中で切れてました。これから確変!連荘突入かと言う所だったのに・・・

バラした後はしばらく雰囲気消えましたが20分ぐらいしてまた怪しくなり、1枚目と同じパターンで25cmゲット!また群れが入ってきたかと思いましたが後が続かず・・・それなりに雰囲気はあるのですが、どうにも喰わせられません。

そのうちエサが丸残りになるようになり、全く反応がなくなりました。色々試しますが状況は変わりません。
3時ぐらいで団子が割れてフラフラしているウキがピタッと止まりそのまま微動だにしません。なんか怪しいので聞きアワセを入れると根掛かりみたいな感じですがいきなり魚が走り出すとものすごい重量感!さっきの黒鯛とはパワーが違います。竿がのされそうになったのでレバーを放そうと思った瞬間にまたしてもハリス切れ!かなりの大型だったのでテンションが下がりました。

その後はまたしても無反応な世界で今日は終了かと思った4時過ぎです。さっきと同じウキの反応!同じように聞きアワセを入れると一呼吸置いて魚が走りだします。前回の失敗から今度は少し早めに1回糸を出してからやり取り開始、前回バラした魚よりパワーはないですがそれなりの重量感、途中からのつのつ竿を叩き黒鯛特有の感触で38センチゲット!
連荘を狙いましたがそれ以降はオキアミ丸残りでいいところなく5時少し前に納竿しました。

DVC00036.jpg

清水初釣果 15~43センチ

アタリエサ 全部オキアミ
他魚は無しで魚が掛かれば全部黒鯛という分かりやすい展開でした。
手持ちのエサがオキアミとコーンだけだったので、違う餌を用意しておけば良かったです。

にわか釣師さん
色々と情報提供、お土産まで頂きありがとうございました。
おかげて十分楽しめました。
Secret

TrackBackURL
→http://kurodai1966.blog9.fc2.com/tb.php/154-5c225873