12月10日 (土)   大潮


3週連続で沼津釣行が続いたため、少し気分を変えようと思いシドー君を誘って清水に行ってきました。

まだ暗いうちに現地に到着、2人分の釣座を確保、程なくシドー君到着。
シドー君にには右の釣座に入ってもらい、自分は左に50mほど離れた釣座で7時スタート。

2011121006380000.jpg

やる気満々で団子を打っていきますが、水温低下の影響かエサが丸残り、割れがメチャクチャ遅いです。おまけに潮も流れ出し団子の割れるタイミングを変えてもウキのコントロールがやりづらい状況です。開始2時間ほどはこんな感じで、思うとおりの状況が作れません。っていうか状況が渋すぎて正直ヤバイ感じです。

やっと潮が緩んで来た頃に微かにですが団子を触る様になってきました。そろそろリーチかな?って感じで団子の大きさやハワセ幅、アミエビ投入したりしてアプローチしますが、団子を割るでもなくちょこっと触るだけでエサがかじられる様子もなくそのまま返品されます。
こんな感じがしばらく続きましたがしばらくすると無反応になってしまいました。
午前中はこんな感じで1回もエサがまともに取られることもなく、アワセも1回入れただけでした。

午後からは集魚を上げて、何でもいいから魚を寄せる事に集中しますが相変わらずエサ丸残りです。でも、たま~に団子アタリが出るのが唯一の救いで大型の魚がいるのは確実です。どうすればスイッチを入れられるか!
これだけ集魚を上げてるのだから答えは団子の濃さではない様です。付けエサを色々換えたり、エサを団子の上や下に入れて出てくるタイミングを変えても変化無し、我慢の時間が続きます。

試行錯誤をしてる中、2時でやっとウキが綺麗に入りました。お~っ、やっと来たか!これまでの鬱憤を晴らすような鬼アワセを入れると竿に手応えがあり思わすニヤリ!型は小さいものの「これでボーズ脱出!」手前に寄せると銀色に輝く魚体!ところが、上がって来たのは良型のコノシロでした。おかげでテンション更にガタ落ちです。

そうこうしているうちに今度は正面から風が吹き出して、海面がシャバシャバで細かいアタリなんて言ってられない状況になりました。こうなるとハワセ幅をドーンと取って喰ったらウキが沈むだろうという釣りで状況が変わるのを待ちます。

3時半ぐらいからなんとか風も弱くなり徐々に釣りになる様になりました。4時半にはウキが見づらくなるのでラスト1時間の勝負になりました。なんとかボーズにならない様に集中します。
風が弱くなるとたまーにある団子アタリがまた確認できるようになりました。日がかげり始めると団子の割れが少し速くなりウキに細かいアタリが出る様になりますが、全部入る様なあたりはなくヤキモキさせられます。

そんな中4時ぐらいで細かいアタリでアワセたい気持ちを抑えてしばらく流すとウキが一気に海面から消えました。反射的にアワセを入れると竿が綺麗に曲がります。今度こそは!竿に伝わる重量感、のつのつ竿を叩きます。
水中で綺麗な縞模様が見えます。シドー君のタモ入れをしてもらい、やっと本日1枚目が取れました。(ヤッター!)

ストリンガーに魚を繋いで次の1枚を狙って団子を入れます。連荘モードに入るかと思いましたが思った様には行きません。でもまだ団子アタリは出ているので集中、集中!
思う様な展開に持ち込めず時計も4時半、団子も残り3投でラストの一発に期待して団子を入れます。
すると小さく団子にアタリが出ています、1枚目もしばらく流してから来たので同じように小さなアタリは無視して本アタリに備えます。なかなか反応がでないので、あと10秒流してだめっだら回収しようとカウントダウンをします。10・9・8・・・4カウントになった時にいきなりウキが消し込みました。
こんなのってあるんですね!アワセを入れて格闘モード突入、今度は結構パワーがあり主導権の取り合いになりますがレバーブレーキで魚を往なします。糸鳴りがする中何度か突っ込みを交わすと良型が上がって無事タモ入れ成功!久しぶりに黒鯛釣って興奮しました。

その後の2投も集中しましたが、これ以上のドラマはおきず納竿となりました。

2011121016510001.jpg

38、45の2枚
アタリ餌 オキアミ、ボケ
他魚 コノシロ×1
激シブでしたが残り30分でなんとか釣れました。


シドーさん
お疲れ様でした。自分と違って(爆)お見事です。

Secret

TrackBackURL
→http://kurodai1966.blog9.fc2.com/tb.php/163-221254bf