12月12日(土) 

今日の釣り場は水深10ヒロの深場です。
と言っても先週の場所の目と鼻の先ですが・・・

この場所は3、4月の早い時期に何度か竿を出したことがありましたが、この時期での釣行は今回が初めてです。
例年なら12月に入ると沼津でも団子の釣果は殆んどなくなり、11月に入れば沼津の団子師は下田に通いだすという
のが通例です。しかし、このポイント周りでは貧果ではありますが毎週釣果があり最後の望みに掛けます。

7時少し過ぎ、団子を空打ちして棚取り終了後の第1投、団子が割れた後いきなりウキが消し込みます。
思わずアワセを入れ上がって来たのは「トラギズ」でした。その2投後にも「トラギス」が掛ります。前日の雨の影響が心配でしたがエサ取り活性は高いようです。

今日は「ボケ」を用意してあります。と言っても沼津で常時「ボケ」を扱っている釣具屋は1、2件しかなく、しかも1匹40円~です。(本場の関西の相場を知らないので40円が高いか安いか分かりませんが)倶楽部メンバーの「ぶんさん」から死んだ「ボケ」を冷凍したのが安く手に入ると情報をもらいイ●グ●沼津店で20匹300円のパックを購入しました。今まで「ボケ」ってまともに使った事が無いので今日が「ボケ」デビューです。

「ボケ」は団子アタリが出てここ一番という時に使いたいので、先ずは団子アタリが出るを待ちますが予想以上にエサ取りがキツくオキアミだと秒殺状態です。ウキに反応が無いままエサが取られる状況が続き「気配」は一向に感じません。仕方なく「ボケ」に変えて状況をみますが「ボケ」だとほぼ無反応です。付け方が悪いのでしょうか・・・
「本命」の気配は感じられませんが、これだけエサ取りが活発なら午後になれば期待が持てると思っていました。

が、しかし・・・
昼を過ぎると状況一変してエサが全く取られなくなりました。ほとんど「丸残り」で帰ってきます。
頭の中を「ボーズ」の文字がチラホラします。 時計をみるともう2時半を過ぎています。5時前にはウキが見えなくなるのでせっかく「ボケ」を用意したのですからその後は「ボケ」にチェンジして団子を投入します。「ボケ」にしても状況は変わらず、「無反応」が続きます。

午後からのアタリらしいアタリは3時少し過ぎの一度だけでした。
団子が割れて20秒ほどで前アタリも無く寝ウキがドッカーンと水面から消えました。あまりにも突然でしたので一瞬目が点になりましたがアワセを入れると元気よく反応します。でも、黒鯛特有の「のつのつ」感が無く直線的な引きで「メジナ」かと思いましたが銀色の魚影が見えました。小さいながらも28センチの「黒鯛」です。

こうなったら「連チャン」をねらい団子を投入しますがアタリはそれっきりでまた「無反応」に戻ってしまいました。
それから「あの手、この手」を使いますが状況を変えることはできず。4時半過ぎに納竿となりました。

DVC00023_convert_20091212183655.jpg

28センチ 「ボケ」での初釣果
「ボケ」って「シャコ」と同じ仲間だけあって同じニオイがしました。(笑)

ブログランキング参加中です。クリックお願いします。


Secret

TrackBackURL
→http://kurodai1966.blog9.fc2.com/tb.php/17-8ea95322