5月5日 (土)  大潮

4時50分に自宅出発、トージンの駐車場は大盛況でこの時点で混雑ぶりが予想されます。
今日は口野で竿を出す予定でしたが現地に着くとお目当ての釣座にはフカセ師が・・・
少し離れた釣座でと思いましたが小海に向かって車を走らせます。この時期小海のテトラは何かありそうな感じがしますが着いてビックリ!満車状態で車を止める場所がありません。仕方なしにもと来た道を戻ると3日に竿を出した所が空いてます。車から3歩で釣りが出来るので即決定で準備をします。

今回のレシピ
糠2Kg、砂20センチボウル1杯と少し、荒引きサナギ徳用1/3、スーパーワンスペシャル1/3、押し麦200cc、オキアミすり潰しで300g

6時実釣開始、前回は大雨の次の日で水潮で濁りがありましたが今日はキレイになってます。潮は澄んでますが底までは見えないぐらいです。

開始30分は餌もそこそこ取られていい感じでしたが、その後は1時間で数回エサが取られるぐらいの状況です。

この時期の沼津は4月~5月は西浦、6月~内浦、7月から多比~静浦と本格化してくるので手堅く行くなら西浦、それ以外は夕方の回遊で2~3枚、いい群れに当たれば4枚以上望めるといった感じです。(あくまでも私感ですが・・・)
この感じだと夕方の回遊待ちになりそうです。

午前中は1回だけウキが沈んだだけで終了、午後に期待します。

午後は団子を打っていくと2時ぐらいからボラが団子が触る様になりました。が、ちょこんと突くだけで団子の周りに居付く感じではありません。
3時ぐらいでやっと団子アタリが多くなり楽しくなって来ました。後はボラが黒鯛を呼び込んでくれるのを待つ感じです。

3時半でボラアタリで団子が割れて1分ぐらいでウキゆっくりが沈みます。やっと来た!ウキが沈みきったところでアワセを入れてやり取りしますが顔を出したのは黒鯛ではなくボラでした。まったく紛らわしいアタリです!

4時を過ぎる頃には感じが良くなって来ました。相変わらずボラアタリは出ているのでボラのそばには黒鯛がいそうな雰囲気がプンプンします。そろそろかと思いながら団子が割られてしばらく待つとゆっくりウキが沈みます。今度こそ!とアワセを入れると手応えがありしばらくやり取りをすると黒鯛のシルエットが・・・1枚取ったので大分気が楽になりました。

その15分後、また同じパターンでウキが入ります、今度はなかなか底が切れません。かなり大型の様ですが釣座が船と遊漁船を係留するブイの間なので糸を出さない様にしガッツリ耐えます。しばらくすると底が切れたので勝負に出ましたが竿が跳ね上がりました。仕掛けを回収するとチモト切れです。

仕掛けを結びなおして投入再開、バラした後ですが団子アタリはまだ出ているので一安心です。集中して団子を打っていくと数投後に今度はスパッとウキが入ります。「ビシッ」と合わせると「ガツン」と来ました。さっきと同じように底が切れません。前回はバラしたので1回だけ糸を出して魚を止めます。今度は極力テンションを掛けない様にやり取りをするとなんとか底が切れました。少し浮いてからは横走りしないよう気をつけながら多少強引にやり取りをします。重量感こそありますが意外とすんなり上がってくると一目で年無しと分かる魚影が見えます。ドキドキしながらも一発でタモ入れ成功、なんともいえない緊張感!痺れました。

次を狙って団子を打ちますが、その後は西風が強くなり外海が荒れてきます。今回の釣り場は風裏のなで問題ありませんが急に海面がザワつき遊漁船のブイが正面に動いて来てしばらく団子が打てなくなり・・・落ち着いた頃には雰囲気も消滅して6時過ぎに納竿しました。

本日の釣果
黒鯛×2 ボラ×1 クロサギ×1


37、53センチ



2012050516330000.jpg
紀州釣りでは初の年無し 苦節9年 やっとキミに会えました!
Secret

TrackBackURL
→http://kurodai1966.blog9.fc2.com/tb.php/189-794b8283