11月3日 (土)  中潮

焼津で開催された「2012永易流王座決定戦東日本地区大会」に参戦しました。

5時45分、大会エントリーを済ませ釣座抽選のクジを引くとなんと番号は1番です。
今回は参加者が14名という事もあって会場は焼津新港の通称「Bポイント」、ふぃっしゅーな、小川港の3か所となり自分は「Bポイント」に当りました。この場所は5月27日に釣行しているので大体の感じは掴んでました。

2012110314280000.jpg
今回の釣座です。

ポイントに到着すると団子を打った跡が沢山あります。焼津は団子釣りをする人が多いので自分なりに3つの戦略を立てて攻めてみました。それは状況を想定して団子を変えて行くという事です。

1、常時団子が入っているので最初は集魚の強い軽い団子でアピールをしながら残ってると思われる黒鯛を先に寄せる。
2、ボラが出てきたら砂を足して速く団子を着底させる。
3、エサ取りが増えたら集魚を落とす。

釣り始めはこんな感じで展開をしました。
高集魚の団子を打ったので予想とおり他の競技者よりも反応が良く頻繁にウキが沈み(ヘダイが多かったですが)運よくBポイントでは最初に本命を掛ける事ができました。最初はこんな感じでいいスタートが切れました。

朝の活性が一段落すると予定通りボラが出てきます。その頃には高集魚の団子材も半分ほどになっていたので糠と少し砂を足して中層でのボラアタックを交し速く団子を着底させる様にしました。それは中層でボラが団子を触ると濁りで黒鯛が浮いてしまうのを防ぐためです。ボラが居るため団子の割れが速くなるのである程度団子を締めて1分~1分半で餌を出す様にします。ボケを中心にローテをしますがヘダイが反応してしまいMAX締めだと割れが極端に遅くなり反応無しで素鈎が帰ってくる状況でした。いずれにしてもボケだとヘダイに取られてしまう感じだったのでコーン、活さなぎを試しますが反応は芳しくありません。オキアミに軸を変えるとボラがある程度エサ取りを飛ばしてくれているのか数投に一度は割れて1分半位はオキアミが持つ状況でした。こんな感じだったのでとにかく1分~1分半で団子が割れる設定を繰り返して行くと黒鯛が反応してくれて2枚追加できました。

団子の設定を変えて結果がでたのでそのままこのパターンを続けますが昼前からエサ取りが強くなりさっきまでのパターンが通用しなくなりました。一時はさなぎ、コーンも瞬殺みたいな状況になり次の手を考えなければいけない状況です。ここで3番目の「エサ取りがふえたら集魚を落とす」事にして団子材を作り変えました。集魚的には最初の団子の1/4位の集魚だと思います。この団子を間隔をあけて打つようにしていくと徐々に状況も戻るようになりそれなりにエサ取りが厳しい状況でしたが納竿までに2枚追加してなんとか規定の5枚をそろえる事が出来ました。

今回は想定した状況にあわせて団子を変えた事が好結果となりましたが大きな要因としてはクジ運が良かった事、何回か竿を出した場所で他の競技者よりも場所の経験が多い事、地元の参加者にBポイントのいい釣り座を教えてもらった事だと思います。後一つはBポイントは比較的流れが速い場所ですが当日は急な流れは無く一日通して釣り易かった事だと思います。喰わせるタイミングとしてはすべて左流れになってから黒鯛が反応したので特に左流れの時は集中しました。

2012110315390000.jpg
表彰式の様子

t02200391_0480085412268918641.jpg


2012110315310000.jpg
今回の釣果 寸法は未計測
アタリエサ ボケ×1 オキアミ×4
他魚    ボラ、ヘダイ

夜は懇親会、翌日は永易さんのセミナーに参加しました。
この模様は次回UPします。
Secret

TrackBackURL
→http://kurodai1966.blog9.fc2.com/tb.php/233-d8b460be