2013.01.20 またHG!
1月20日 (日)  小潮

先週、得意のHGでボーズを喰らったのが納得できずリベンジ釣行してきました。
この1週間は特に荒れた様子もなく、水温も金曜日のデータで13.4℃ですが低くても安定していると判断しました。おまけに風も弱い予報なので今回は期待が持てそうです。

8時実釣開始、今回もスケスケベタベタ、毎度の事ですがエサ取りは全くいません。こんな状況なので刺しエサを団子に入れて握る必要があるのか自問自答しながらも団子を打ち込んでいきます。いっそフカセの方があっさり釣れてしまうのでは・・・と思いますがそこは紀州釣り師!誘惑に負けてはいけません!

エサが取られないまま打ち込むこと数時間、昼を過ぎた頃から団子アタリが出だします。ここまでくれば釣れたも同然、「ボケで一発」って感じなのですが今回はボケ無しなのでそのままオキアミです。最近ボケがないと何か不安!自分もとうとう立派なボケ中毒者です!

団子アタリが続いているので展開としてはいい感じですが割れた後一向にウキが沈む気配がしません。そろそろ釣れてもを思っているとようやくウキが沈んだので「ビシッ!」とアワセを入れるとそれらしい手応えでしたが竿を叩く様子はないどころか途中から異様な頑張りを見せて沖に一直線!この時点でガッカリ、やり取りの後タモに収まったのはボラでした。

その後は弱い西風が吹き出してそれまで鏡だったのがさざ波状態になると今度はいきなりオキアミが取られだしあっという間にエサ取り天国に・・・今は夏ですか?と言わんばかりの瞬殺ぶりでアタリ無く空針が帰ってきます。たまらずコーンで対応しますがこれでも歯が立たずなにをやっても取られます。ハワセ幅をドーンと取ってかなり締めてやっとエサが残る状況です。集魚はMAXでエサ取りを集めて本命を刺激し喰い気を起こさせる作戦でしたがエサ取りに支配されたまま潮が流れだしせっかく何時間も掛けて出来あがった場がみるみる崩壊、潮はどんどん速くなり本流状態・・・20分ぐらいしてやっと緩んできたので投入再開、そのうち流れが殆んどなくなりここで喰わないと今日はダメと思って投げた1投、団子が割れてしばらく流すと前アタリ無くウキが沈みます。「マジ!」まさかの展開でアワセを入れる竿に乗りました。今度はそれなりの重量感、確実に40オーバーの手応えでしっかり頭を振ってます。かなり抵抗しましたが強引にやり取りをすると何とも言えない燻銀のシルエット・・・これでHGで2連敗は回避できました。

ストリンガーに繫いで数投するとまた潮が流れだして釣りにならなくなりしばらく団子が入れられない状況でしたが緩んだ所で再開するも今度はエサが丸残り、本命の気配があって残る感じではなく「何もいない」って感じです。そんな中、ボラが掛りこれは!という感じでしたが2枚目が出る事なく納竿となりました。

2013012017050001.jpg
45センチ  アタリエサ オキアミ
他魚 ボラ×2

2013012016460000 (2)
次は沼津脱出します。

長岡の団子マンさん 差し入れありがとうございました。
Secret