2013.06.24 2連投!
6月22、23日  大潮

22日
三重の半蔵さん、長岡の団子マンさんと竿を出してきました。

場所は半蔵さんお気に入りの「熟女パブ2号店」半蔵さんはいつもの釣座、団子マンさんはその隣り、自分はかなり離れた釣座で各々竿を出しました。

開始3時間ぐらいで小さいながらも本命を掛けます。団子マンさんにTELで状況話をしていると団子マンさんのウキが沈んだ様で遠目に竿が曲がっているのが見えます。半蔵さんにプレッシャーを掛けたつもりでしたが終わってみれば半蔵さん6枚、団子マンさん1枚、自分2枚という結果でした。

長岡の団子マンさん 早上がりでしたがお疲れさまでした。

松KINGさん、にわか釣師さん 差し入れありがとうございました。


アタリエサ オキアミ
他魚 ハタ、ベラ


23日
翌日も半蔵さん同じ場所で半日釣行との事。お付き合いするするつもりが目が覚めると8時(大汗)、9時ごろ現地到着するも既に満員状態、昨日の場所で竿を出そうかと思いましたが半蔵さんが早上がりするとの事で入れ替わりで竿を出しました。状況を聞くとあまりよくないとの事。

余ったコマセとエサを頂き半蔵団子で実釣開始。
エサ取りはいるものの大型の魚がいる気配が感じられません。棚や握りを変えてもいい反応が出ず悪戦苦闘、1時ごろ少し深い所に投げてしまいウキが浮いてきません。しばらく待っているとそのまま道糸が走り出したのでとりあえずアワセと入れると竿が良い感じで曲がります。まだ割れてないタイミングだったのでボラだと思ってましたが特有の頑張りが有りません。少しやり取りをした後に姿を見せたのは本命の黒鯛でした。

ウキでアタリを取った訳ではないので複雑な心境ですがとりあえず本命が出て一安心。
それからはまたエサ取りに囲まれましたが5時半過ぎから風がピタッと止み潮も緩みだした途端に時合い到来!団子アタリがバンバン出るようになります。こうなれば爆釣の合図なのですが団子を触って割れてからの反応が今一つ、なかなか刺エサを喰いません。口には入れる感じがあるのですがすぐ吐き出す様でウキが少し沈んではすぐに戻るの繰り返し。あと少し流せればウキが入りそうですが右に船、左にブイがあるので流せる範囲が決まっています。
もどかしいやり取りを何回かした後、今度は完全にウキが沈みました。会心のアワセを入れると竿が思いっきり曲がります。かなりの抵抗でスリリングなやり取りでしたが徐々に寄せられるようになり自分にも少し余裕が出ます。ところがもう少しで完全に主導権を握れる所で思いっきり船の下に走り出します。慌ててレバーを放してドラグを緩めましたが時既に遅し!思い切りのされて竿が跳ね上がります。回収するとハリスがザラザラ・・・

かなり凹みましたが気を取り直して団子を打つとしばらくして同じ様な展開でウキが沈みましたが揚がって来たのは脱走真鯛(汗)。その後しばらくするととコマセも終了、まだ6時、団子アタリは出ているので終了なんて出来ません。糠砂でコマセを作るのは面倒なので予備で持ってた深マッハのみで延長戦スタート。余談ですが普段市販のベースエサは使わないのですがこんな時には少量ずつ使えるので便利ですね。

マッハオンリーの団子で2投目、団子アタリで割れてから少し流したぐらいで今度はいきなりウキが消し込みます。さっきバラシたのと同じ様な手応え・・・バラさない様に慎重にやり取りをします。今回もまた寄せた所で最後の抵抗をしましたが落ち着いて竿を捌くとやっと姿が見えます。年無しかと思いましたが測ってみると48センチ、頭はデカイが尻つぼみ・・・アフターもようやく喰い始めた感じです。
結局7時まで打ちましたが雰囲気はあるものの喰わせることが出来ず納竿をなりました。
見た範囲ですが全体では良型含み10枚前後、出ている様でした。

2013062318110000.jpg
~48センチ
アタリエサ オキアミ
他魚 ベラ、ヒイラギ

半蔵さん 2日間お疲れさまでした。 デカバンは次回の楽しみということで・・・


Secret