9月22日 (日)  中潮

にわかップ第4戦「焼津大会」に参加してきました。
今回の参加者は総勢21名、4時半釣座決定の抽選後に競技スタート。フィッシングプレッシャーを避けて一番端で隣とは距離を離して釣座を構えます。

2013092213510000.jpg


明るくなった所で競技スタート、団子材は糠・砂・荒引きサナギ・スーパーワンスペシャルといつもと同じ配合です。前情報ではエサ取りがハンパないとの事で今回はオキアミは用意せずコーン・激荒半袋・カニ・フナ虫・丸エビの5種類エサを用意(ボケは荒天で未入荷で手に入らず)、この時点ではカニ・フナ虫・サナギで勝負の展開になるかと思ってましたが・・・

団子を打ち始めて1時間、2時間と時間が過ぎていきますが一向にエサが取られません。これまでの大会ならこの時点で少し団子をいじって方向転換を図りますが前情報を過信しすぎで今回はアミエビ等、即効性のある集魚材は持ち合わせてなく激荒のサナギをアンコにしたり団子の水分を調整して魚にアピールする演出をしますが効果は今一つ・・・

午前は殆んどエサが取られないでウキが沈んだのは2回、しかもスカ!チャリコとヘダイが1尾ずつ釣れたが両方居食い・・・どうしたら本命に喰わせる事ができるが試行錯誤しますが打開策が見つかりません。フグ・ハギ対策でカニメインでフナ虫・サナギがサブでの勝負になるかと思いましたがこの活性ではカニもサナギも殆んど出番なし、フナ虫で連打しますがオキアミとボケがないのは致命的で前情報に左右され過ぎて「やっちまった」って感じでした。途中周りの状況を偵察すると本命場所ではそれなりの釣果が出ていて完全に出遅れてます。

午後は状況が変わる事を期待しますが午前と殆んど状況が変わらず低活性、自分の活性も下がり不覚にも競技中に居眠りをする始末。本命の気配どころがボラの気配もなく「場」は出来ているのにが肝心な魚が入ってこない感じです。

テンションが上がらないまま時間だけが過ぎて行きがボーズで競技終了を覚悟した3時過ぎでやっとエサがコンスタントに取られ出し状況が変わったのが分かります。何とか勝負できる感じになり刺しエサを反応が良かったフナ虫を二匹掛けにして団子を少し締め気味にします。すると割れてから30秒ほどでウキが消し込みやっとの事で1枚目ゲット。次の一投も同じ展開でウキが沈み竿が曲がりますがしばらくやり取りした所で根掛り・・・しばらくテンションを抜いて根から出てくるのを待ちますが魚は寄っていると判断でき残り時間もないのでラインを切って次の魚を狙いますがバラシた影響がその後は気配がなくなりタイムアップとなりました。

o0720040512693745672.jpg
今回は過去最多の21名が参加、ワイワイ楽しく競技できました。
恒例の護岸清掃も実施、ゴミは持ち帰り綺麗な釣り場で釣りをしましょう!

2013092217480000.jpg
閉会式後、残業にて2枚追加 サイズ 未計測
アタリエサ フナ虫
他魚 チャリコ、ヘダイ

大会に参加された皆様、お疲れさまでした。
今回も豪華な景品の提供を頂きありがとうございます。
大会の結果はこちらからお願いします。

次回は西伊豆某所にて開催です。
Secret