5月31日 (土)  中潮

今回は主水さんと西浦で竿を出してきました。

場所は先週と同じ所です。主水さんには先週釣果があった釣座に入ってもらいました。自分が入りたかった釣座は遊漁船が横付けされてて竿が出せず。仕方なしに足元に船のロープが入ってますがなんとか竿を出せる場所に釣座を構えます。

準備完了で爆投開始、いきなり潮が飛んでてまるで本流状態、自分の釣座はロープの制限があり思うように仕掛けを入れる事が出来ません。このままではストレスが溜まるので主水さんの右側に移動、ここも左に漁船、右はロープで思うように仕掛けを流す事は出来ませんがなんと釣りは出来そうです。

釣況ですがここ数日で水温が上がり20度台に突入。菜っ葉潮まではありませんが変な濁りが入り今一つ状況的には良くありませんでした。魚の反応も突然餌取りが湧いたり無反応になったりで掴み様のない状況でしたが全くダメと言う感じではありません。右側の漁船はに良型見えチヌが数尾付いておりモチベーションだけは維持できました。途中、潮が速くて釣りにならい時に見えチヌにカニやボケ付けてを落としてみましたが無反応、見えチヌが団子に反応してくれれば・・・

そんな鳴かず飛ばず状態の中、チャリコが釣れた後なんのスイッチが入ったのか昼過ぎにいきなり団子アタリがガッツリ出るようになり思わずニンマリ?激しい団子アタリのあと暫くするとゆっくりウキが引きずり込まれるのを見届けて鬼アワセ炸裂!ロッドが思いっきりひん曲がります。魚のパワーに圧倒されそうですがレバーで応戦、やっとこっちを向きましたが今度は思いっきり右のロープめがけて一直線、そのままロープに逃げ込まれて痛恨のハリス切れ・・・

ラッキーだったのはバラシた影響で魚が散ってしまったかと心配しましたが、その後も団子アタリはガッツリ出て一安心。その数投後、同じ様にウキが入りアワセを入れて戦闘態勢に入りますが暫くやりとりした後今度はチモト切れ・・・

さすがに2連続のバラシはショックです。鈎を結び直して団子を投入、団子アタリはまだ出ています。次も同じ様な感じでウキが入ります。三度目の正直、慎重にやり取りをすると「何とも言えない縞模様」が水中でギラリ!やっとこさでおチヌ様ゲットできました。それからは団子アタリも徐々にフェードアウトしてしまい元の状況に戻ってしまいました。夕間詰めに再度スイッチが入る事を期待しましたがなにも起こらず18時半で納竿となりました。


アタリエサ オキアミ
他魚 ボラ、チャリコ、ベラ

主水さん お付き合いいただき、ありがとうございました。
にわか釣師さん ありがとうございました。
Secret