12月5日 (土)  小潮

釣友の松KINGさんと竿を出して来ました。
前日沼津は大シケ、天気予報は西風だったのでいつもの風裏場所です。

寒くなると昼は温かいものが欲しくなりますよね。今回は釣れた魚を具にしてうどんを作る事にしました。午前に何も釣れないとシメジのみのうどんを食べる歯目になります。チヌさんも落ち前で美味しくなる頃なのでチヌが釣れれば最高なのですが他の魚でもいいので兎に角なにか釣れれは御の字です。

7時実釣開始。いつものように場を作る為にコンスタントに団子を打って行きますが前日のシケの影響か?一向にオキアミが丸残りで帰ってきます。1時間経っても状況は変わりません。足元にコマセを撒いてもエサ取りすら姿を見せません。これはマズイかも?そんな中なんとなくウキがモゾモゾ・・・でも沈む気配がないので回収すると10センチ位のエソが付いてます。最悪うどんの具になってもらうかも?とりあえずキープです。

その後は全く気配が無くたま~にオキアミが取られるぐらいで時間だけが過ぎて行きます。変わらない状況のなか11時位で足元にコッパメジナが出て来たので4,5匹釣ってキープします。これでシメジのみのうどんは回避できそうです。足元にエサ取りが出て来たと言うことは少しは状況が良くなってきたと判断できます。それまで残っていたオキアミも徐々に取られる様になり明らかに活性が上がってきた事が分かります。団子に少し変化を加えるためオキアミを一握りすり潰してバッカンに入れます。集魚を上げて5.6投打つと団子が着底した後にわずかに触られる様な反応が出てます。その頃にはオキアミはほとんど取られるので刺し餌をカニに変えて数投様子を見ます。団子アタリも段々鮮明になり本命の気配が感じられます。少し締めを強くして団子を持たせたその一投、団子アタリの後しばらく流すと小さな前アタリの後にゆっくりウキが水面から消えていきます。一呼吸おいてアワセを入れると重量感のある手応えで竿が曲がります。0号の竿が満月になり本命とのやり取りを堪能すると燻銀の魚影!なんとか昼前に本命を釣り揚げ任務完了!すぐに〆てうどんの準備に取り掛かります。

キープしていたコッパ君とエソ君はリリース。

綺麗な魚体でまあまあのサイズです。

151205_115257_ed.jpg
湯通しします。

151205_120218_ed.jpg
出汁をいれてシメジ投入!

151205_122731_ed.jpg
見た目はイマイチですが「あったかいんだからぁ!」味は最高です。

松KINGさんとチヌうどんで腹が膨らんだ所で午後の部に突入。この頃には場も出来上がってムラはありますが何回か団子アタリが出る時間帯があり面白い展開になりました。今回の攻略方法はハワセ幅2~3m、3投連続でオキアミが取られたらカニにチェンジ、3投連続でカニが残ったらオキアミに戻す。ひたすらこのルーティンで回していくとポツポツですが3枚。最後は45のチーママサイズも出て久し振りにレバーブレーキ使いました。

151205_164645.jpg
午後の部の釣果
アタリエサ オキアミ×1 カニ×3
他魚 エソ、チャリコ、フグ、トラギス

松KINGさん お疲れ様でした。
コーヒーごちそう様です。
Secret